前へ
次へ

パワハラは経験豊富な弁護士事務所に労働相談

職場で最近多い悩みにパワハラ問題があります。地位をかさに着て上司が部下に暴力をふるうこともあれば、暴言を浴びせたり、仕事を教えないなど肉体的なものから精神的なものまで様々です。また本人に自覚がない場合も多いでの非常に厄介なのです。そしてパワハラが原因で病気になったり、休職や退職に追い込まれるケースも増えているのです。そのため被害を受けたら一人で悩んでいないで、パワハラ問題に強い弁護士事務所に労働相談することをおすすめします。パワハラの違法性が認められるには、証拠と法的な裏付けが必要になるので、そこは経験豊富で法律の専門家である弁護士の力を借りることです。弁護士のサポートを受けることで会社に訴訟を提起して、慰謝料を勝ち取ることができるようになります。パワハラの慰謝料が支払われるためには、悪質性や継続性やお互いの関係性や具体的な被害などを考慮して認定されます。そしてパワハラ問題に強い弁護士事務所に労働相談することで、有利に交渉を進めることができます。

Page Top