前へ
次へ

知っておきたい労働相談

労働相談っていっても、どんなことが相談できるのかといえば『労働基準法』というルールを無視する条件です。例えば、賃金、就業時間、そして休憩に関しても相談可能です。ちなみに労働者とは、職業の種類問わず、事業者に使用される者で、賃金を支払われる者を指しています。ですから、労働相談は正社員のみならず、アルバイトやパート、契約派遣社員にも適用されます。労働者にとって重要なことは何でしょうか。労働条件でしょうか、不当な理由での解雇、賃金など、様々でしょう。例えば、条件についての相談なら、日本で働く外国人もいるでしょう。国籍、信条、社会的身分などを理由に、差別的に取り扱われているのなら、罰してもらえる権利を主張しましょう。最近では女性も社会進出していますが、未だに男性社会である事業所もあります。性別に関して、男女の均等化、待遇を規定してもらえるのも知っておきましょう。ちなみに、賃金に関しても男性だから、女性だからという差別的取り扱いがされていれば処罰されます。

Page Top