前へ
次へ

女性も労働相談できる時代

労働相談で女性側が声を大にして叫ぶのが『男女雇用の機会』に差別があるということでしょう。女性より男性が働くから、すぐに退職届けを出すヘマをしないから、そうした性別による不当な差別は禁止されるべきです。女性は労働より育児や介護の役割がある、しかし、そうした中でも充実したワークライフも求めています。そうした環境を整備してほしい労働相談もできます。一昔前は、求人募集していて採用の際になって、その対象から女性だからという理由だけで排除されることはありました。一定の職務への配置も、できるキャリアとノンキャリアというだけで排除されることもあったでしょう。労働相談では事業主との間で話し合いがもたれるでしょうが、紛争もあるかもしれません。それに関しても、労働局が解決に助言や指導、中には勧告もしてくれるケースがあります。ちなみに、弁護士など労働相談の専門家たちによる調停の申請さえできる、そうした法律を盾に女性も社会で活躍ができる時代になりつつあります。

Page Top